農業王国北海道で農学を学び、boys be ambitious!の精神をもって、岡山の田舎で農業を始めました。 


 田舎で農業をするにあたっては、慣行の資源消費型の農法ではなく、山間地域の特徴を生かして、永続的に循環可能な農業をしたいと考えました。落ち葉など植物性の材料で堆肥を作り、大型機械で耕さず、草を抜かない、農薬・化学肥料を使用しない栽培を進めてみて、作物の味の濃さ、畑の生態系の豊かさなど色々な変化を感じています。 

 これから、固定種を中心に、育てた作物から種をとることを繰り返し、この土地にあった作物作りに力を入れていきたいと思っています。作物の原種に興味を持ったことから、西洋野菜の栽培も始めています。 

 また、山からの恵み、農産物等の、素材の持ち味に適った精進的料理についても学んでいきたいと思っています。 

 

 現在、食料自給率の低下、農家の高齢化や離農の増加等、日本の農業は多くの問題を抱えていると言われています。農耕民族であった日本人は、物を作り、自然からの恵みを頂き、自然に生かされていること忘れてはならないと思います。 

 私たちは、伝統的な日本の暮らしの中からその意義を再発見し、自然の理を知る百姓になることを目指したいと思います。百姓とは、百の仕事ができること。モノカルチャー化した大量生産型農業ではなく、その土地、自然の多様性にあった農業について、田舎のお年寄りの方々や自然から学び、考えていきたいと思います。 

 そして、そんな暮らしの中から私たちが感じることを発信していきたいと思います。